『第2期地域福祉活動計画(ボランティア活動推進計画)』

 

はじめに

 わが国を取り巻く状況は,急速な少子高齢化に伴い一人暮らし高齢者や高齢者のみの世帯の増加,地域のつながりの希薄化による,ひきこもりなどの社会的孤立,虐待などによる権利擁護の問題など地域における生活課題は複雑多様化しております。
 こうした状況の中,福山市では2012年(平成24年)3月に,「福山市地域福祉計画」が策定され,その計画をふまえ,福山市社会福祉協議会では,地域福祉にかかわる各種団体などと連携し,地域福祉推進を図るための行動計画として,「第1期福山市地域福祉活動計画」を策定しました。
 この計画にもとづき,地域のより身近な居場所として「喫茶店風サロン」の開設や災害時の対応として「災害ボランティアコーディネーター」の養成・「災害ボランティアセンター設置訓練」など積極的に活動を展開してまいりました。
 また,判断能力の不十分な人たちの権利擁護や障がいのある人たちの課題をワンストップで相談できる「安心生活見まもりセンター」を開設しました。
  一方,計画を推進する中で,生活困窮世帯への支援や地域包括ケアシステムの構築,社会福祉法人による地域における公益事業の推進,また,2016年(平成28年)6月発生の福山市大雨災害をふまえた災害時の対応など社協として新たに取組むべき課題も見えてきました。
  こうしたことから,第1期活動計画の成果と課題や新たな課題をふまえ,このたび「第2期福山市地域福祉活動計画」を策定いたしました。この計画では,『一人ひとりの人権が尊重され 住み慣れた地域で心豊かに 夢を持ち続けて暮らすことができるまち ふくやま』を基本理念とし,4つの目標ごとに今後の方向性と具体的な事業を位置づけた方策を立て,基本理念の達成に向け取組んでまいります。
 市民の皆様をはじめ,福山市,地域の各種団体各位には,第2期活動計画の趣旨をご理解いただき,今後とも地域福祉活動の推進に格別のご理解とご支援,ご協力を賜りますようお願い申し上げます。
 結びになりましたが,計画策定にあたり,熱心にご審議いただきました,「地域福祉活動計画策定委員会」委員の皆様,多くのご意見をいただきました,学区の福祉を高める会・福山市ボランティア連絡協議会などの役員をはじめとする関係者の皆様に厚くお礼申しあげますとともに,今後とも社会福祉協議会に対し,ご支援を賜りますようお願い申し上げます。
    2017年(平成29年)3月

社会福祉法人福山市社会福祉協議会

 会長 橋 本 哲 之

sassi
第2期地域福祉活動計画≪冊子版≫PDF(4MB)


gaiyou
第2期地域福祉活動計画≪概要版≫PDF(5MB)




【問い合わせ先】
福山市社会福祉協議会(福祉のまちづくり課)
電話:084-928-1333 FAX:084-928-1331